ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2011年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ 750ml 高品質,大得価

2011 DOMINUS / DOMINUS ESTATE ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン86%、プティ・ヴェルド9%、カベルネ・フラン5% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 あのペトリュス、トロタノワ、オザンナ、ラ・フルール・ペトリュスといったボルドー右岸最上のワインの数々を育てあげた、クリスチャン・ムエックス氏。世界屈指のワインメーカーである彼が、カリフォルニアの中でも随一の銘醸地、ナパヴァレーで生み出すワインが「ドミナス」 です。1983年のリリース直後から、数々の有名評価誌で毎年高得点を獲得。実際に畑も隣同士であるオーパス・ワンとは、いまや名実ともに肩を並べる程のプレミアム・カリフォルニアワインに成長しています。 ドミナスはその品質の向上と世界的需要の高まりにより、2010年ヴィンテージにおいては史上最高評価も相まって4万円を超える価格にてリリースされたことも記憶に新しいところ。そんな中最新の2012年ヴィンテージは、高い評価を保ちつつも3万円台という価格でリリース されました。評価においては、同ヴィンテージのオーパス・ワンがパーカーポイント96点、ドミナスは98+点と大きく上回るのに対して、価格はオーパス・ワンよりもぐっと下回っている ことも注目すべきポイントと言えるでしょう。2012年のカリフォルニアは全土が1年を通し完璧な気候に恵まれた当たり年 。カリフォルニアファンのみならず、ワイン好きには見逃せない即買い必至の1本。ドミナスはその生産量に対して世界的に需要が増え続けていることから年々入手困難になっているため、確実に手に入れるには、リリース直後の今がチャンスです。 世界屈指の醸造家クリスチャン・ムエックス氏が 惚れ込んだ畑、ナパヌック・ヴィンヤード。 優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出す魅力。 ドミナスが造られている畑「ナパヌック」は、元々、カリフォルニアワインの黎明期を築いた伝説のワイナリー「イングルヌック」の畑の一つであり、ナパ・ヴァレー最古と言われる歴史ある畑 です。ムエックス氏とナパヌックの出会いは1980年代。カリフォルニア大学デービス校在学中からナパ・ヴァレーの可能性に魅せられたムエックス氏がこのナパヌックを発見した際、「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 と悟ったと言います。早速、ムエックス氏はこの「ナパヌック・ヴィンヤード」にドミナス・エステートを創設し、ワイン造りを始めました。ファーストヴィンテージは1983年、最初はジョイントベンチャーとしてのスタートでした。タッグを組んだ相手は、あの伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミス 。ジョイントベンチャーというと、ロバート・モンダヴィとムートン・ロスシルドのオーパスワンがまず頭に浮かびますが、実はドミナスも、とんでもない組み合わせの仏米ジョイントベンチャーだったのです。 ボルドーの名門として素晴らしいワインの数々を手掛けながらも、ムエックス氏がこの「ナパヌック」にそこまで惚れ込んだ理由、それはこの地ならではの気候にあります。ナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれます。山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも温暖な気候に恵まれており、その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇。「ナパヌック・ヴィンヤード」のヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨン が育ちます。 興味深いことに、ドミナスには、メルロが全く使用されていません。これまでムエックス氏が育て上げてきた数々の右岸シャトーとは、全く別のスタイルへ挑戦 しているのです。そして実はドミナスの位置する土地から、オーパス・ワンの畑は目と鼻の先 。 キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実と言えるのです。 自社畑100%。 カリフォルニアの常識を覆すワイン造り。 ドミナスが誕生した1980年代、カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制が当たり前でした。オーパス・ワンでさえブドウは契約農家から買い付けていたという中、ムエックス氏はボルドーで行っているようにブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込み、カリフォルニアのワイン界に大きな衝撃を与えました 。 ムエックス氏が一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わい。そのためにボルドーで培った栽培技術を導入し、徹底した畑の管理 を行っています。 カリフォルニアといえば日照量と温暖な気候が魅力ですが、ドミナスではその気候故のブドウの「糖度」が上がりすぎることが課題となっているため、 枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせ日照量を調節しています。また根が下に深く張ることが、良いブドウの実をつける要因ですが、区画の一番端の樹は地中で広々と根を広げてしまうため、他の区画と分けて収穫を行っています こうして、驚くほどの手間をかけ丁寧に造られるドミナスは、ナパヴァレーのテロワールとボルドーの技術が見事に融合した、上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル 。カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、ボルドーのグランヴァンに通じる複雑性を兼ね合わせた逸品です。ナパワインの多くが、新樽使用率100%という中、ドミナスは異例の新樽率40%と控えめ。他のカリフォルニアワインとは一線を画す、複雑かつ繊細な味わいに驚くと共に、丹念に造られたブドウの旨味に浸ることができます 。

ワイン 赤ワイン 2011年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ 750ml 高品質,大得価 —— 22,100円

ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2014年 オテロ オテロ ワイン セラーズ ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア 750ml 新品,低価

2014 OTHELLO / OTHELLO WINE CELLARS ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン92%、プティ・ヴェルド8% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ファン待望!ドミナスのサードラベル 最新2014年ヴィンテージ初入荷。 ! ワイン界の伝説と言っても過言ではない、ボルドーの名匠クリスチャン・ムエックス氏が造るプレミアム・ナパワイン、ドミナス 。2010年と2013年ヴィンテージでは、なんとパーカーポイント100点を獲得するという快挙を成し遂げ、カリフォルニア最高峰ワインの一つとして、その地位を揺るぎないものにしています。 その ドミナスのサードワイン『オテロ』の最新2014年ヴィンテージがエノテカ・オンライン初入荷 !オテロは、ドミナスと同じくナパ・ヴァレー最古といわれる優良畑”ナパヌック・ヴィンヤード”のブドウを用いて仕立てるキュヴェ。2014年はカリフォルニアの優良ヴィンテージである上、ファーストのドミナスの最新2014年もパーカーポイント97点、ジェームス・サックリングで98点を獲得するなど、軒並み高評価を獲得しています。オテロは、 ドミナスに通ずるエレガンスも備えながらも、同年のファーストが42,000円に対してその1/6以下の価格で手に入るというのも魅力 の一つ。是非、新ヴィンテージ入荷のこの機会にご堪能ください。 ボルドー右岸最高の造り手、クリスチャン・ムエックス氏が 手掛けるプレミアムナパワイン。 ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなど右岸のスターワインを育て上げた、世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。彼は、ワインメーカーとしてだけではなく、醸造家としてもその手腕を発揮し、2008年には デキャンター誌の「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている、現代ワイン界の伝説的人物です。 そのムエックス氏が、カリフォルニアにおけるプレミアム・ワインの産地であるナパ・ヴァレーに、1982年に設立したのがドミナス・エステート。当時のナパでは、ブドウ栽培とワイン醸造は分業制が一般的でしたが、ムエックス氏は ブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うボルドーのドメーヌ方式を持ち込み、品質を徹底管理するスタイルを確立。 カリフォルニアワイン界に大きな衝撃を与えました。こうして誕生したドミナス・エステートのワインは、 ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合した上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。 カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、ボルドーのグランヴァンに通じる複雑性を兼ね備えています。 ドミナスはリリース直後から高評価を得ており、市場価格も年々上昇して2009年ヴィンテージからは一気に倍の価格に。 また、2010年と2013年ヴィンテージはワイン・アドヴォケイト誌でなんとパーカーポイント100点を獲得するという快挙を成し遂げました。 現在では、カリフォルニア最高峰ワイナリーの一つとして、その地位を揺るぎないものとしています。 優雅な味わいのカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出す、 ナパ最古の優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」 ムエックス氏がこのナパ・ヴァレーを選んだ理由。それは、1960年代にカルフォルニアでワイン造りを学んでいた彼が、1981年にこの地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端に感じた 「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 という直感でした。 このインスピレーションを得たムエックス氏は、早速翌年の1982年にドミナス・エステートを創設、ワイン造りをスタートさせました。当初は、伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘、ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミスとのジョイントベンチャーでワイン造りが開始されましたが、1995年より、ドミナス・エステートはムエックス氏の完全所有となっています。 ドミナス・エステートの本拠地であるナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれています。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれており、その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。中でもドミナスが畑を所有するヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、 エレガントで優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンが育ちます。 そして実は、 ドミナスの畑からオーパス・ワンの畑は目と鼻の先。 この土地は、 プレミアムワインを生み出す、カリフォルニアにおいても最高のテロワール であると言えるのです。 ドミナスやナパヌックと同じ畑のブドウを用いた、 日本のワインラヴァーのために造られたエレガントなワイン。 こちらのオテロは 親日家であるムエックス氏が日本のワインラヴァーのために和食とも相性の良い軽やかでエレガントなワインを造りたいとの思いから誕生したワイン。ドミナスとナパヌックと同じ畑、ナパヌック・ヴィンヤードの別区画から収穫した若樹のブドウを100%用いて造られる第3のワイン です。畑は標高によってドミナス、ナパヌック、オテロで分けられていますが、「どの区画から収穫したブドウでもよいワインを造りたい」とのムエックス氏の考えから、ワインごとに明確に区画を分けることはしていません。 醸造は、 クリスチャン・ムエックスの最高の醸造チームの厳しい管理のもとで行われ 、ブドウの果汁に果皮を漬け込むスキンコンタクトの期間を短くすることでタンニンの抽出を抑え、熟成期間も短縮。 ドミナスやナパヌックと比べて果実のピュアな旨味を全面に出したスタイルで、長期熟成を待たずとも楽しめるのが最大の魅力。さらにクリスチャン氏曰く、5~10年の熟成も可能なポテンシャルも備えています。 2012年、2013年に続き、軒並み好評価を獲得した優良年。 自然の恩恵をたっぷりと受けた凝縮感溢れる仕上がり。 2012年、2013年に続き優良年となった2014年。ワインスペクテーター誌は、 ヴィンテージチャートで2014年について「2012年の豊かな風味と2013年の美しいストラクチャーを備えており、熟成させる価値がある」と称し、96点という高得点を与えています。 今回入荷したドミナスの最新2014年も パーカーポイント97点、ジェームス・サックリングで98点を獲得 するなど、軒並み高評価を獲得しています。 グラスに注ぐと深みのある赤紫の外観。チェリーやカシスなどの濃密な果実のアロマに重なるラベンダーやチョコレート、バニラビーンズの芳しい香り。口に含むとリッチな果実味が口一杯に広がり、シルキーなタンニンと美しい酸がバランス良く調和。その洗練された味わいは長く魅力的な余韻となっていつまでも続きます。若いうちから美味しくいただけますが、熟成させるとより円熟したエレガントな味わいをお楽しみいただけます。 ドミナスに通ずるエレガンスを持ち合わせていながらも、ファーストの1/6以下の価格で手に入るというのも魅力のオテロ。 初入荷のこの機会に、ボルドー右岸最高の造り手が手掛ける逸品を是非ご堪能ください。

ワイン 赤ワイン 2014年 オテロ オテロ ワイン セラーズ ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア 750ml 新品,低価 —— 5,400円

ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2014年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヴァレー 750ml 新作入荷,セール

2014 DOMINUS / DOMINUS ESTATE ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 86%、プティ・ヴェルド 7%、 カベルネ・フラン7% 評価:ワインアドヴォケイト誌にて97点獲得。 ジェームス・サックリングにて98点獲得 ヴィノスにて96+点獲得 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ファン待望!ドミナス最新2014年ヴィンテージ到着! 「私はここでワインを造るべきだ!」 世界屈指の醸造家クリスチャン・ムエックス氏が惚れ込んだ畑、 ナパヌック・ヴィンヤード。 ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた、世界屈指のワインメーカー 、クリスチャン・ムエックス氏。 ドミナスは、 クリスチャン・ムエックス氏が今もっとも力を注いでいるワイン です。 現在も、もちろんこれらのボルドーのワインを手掛けていますが、年間を通して滞在しているのはカリフォルニアだと言います。 1968年から1969年にかけてムエックス氏はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びました。その時以来ナパヴァレーの地に魅せられ、1980年代初頭、この地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端、直感的に悟ります。 「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 。 早速、ムエックス氏はこの「ナパヌック・ヴィンヤード」にドミナス・エステートを創設しワイン造りを始めました。ファーストヴィンテージは1983年。最初はジョイントベンチャーとしてスタートしました。 タッグを組んだ相手は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘 =ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミス。ジョイントベンチャーというとロバート・モンダヴィとムートン・ロスチャイルドのオーパスワンがまず頭に浮かびますが、 実はドミナスもとんでもない組み合わせの仏米ジョイントベンチャー だったのです。 そして1995年、彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営することになりました。 最高の栽培環境。 優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すナパの魅力。 ナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれます。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは、太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれています。 その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。 「ナパヌック・ヴィンヤード」のヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨン が育ちます。 そして実は、この土地からドミナスの位置する土地からオーパス・ワンの畑は目と鼻の先。 キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実なのです。 カリフォルニアの常識を覆すワイン造り。 ドミナスが誕生した1980年代、カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制があたりまえであり、あのダラ・ヴァレーも自社所有の畑は「マヤ」だけでした。 オーパス・ワンもブドウは契約農家から買い付けているという中、ムエックス氏はボルドーで行っているように、ブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込み、カリフォルニアのワイン界に大きな衝撃を与えました。 ムエックス氏が一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わい。そのためにボルドーで培った栽培技術を持ち込み、徹底した畑の管理を行っています。 カリフォルニアといえば日照量と温暖な気候が魅力ですが、ドミナスではその気候故、ブドウの「糖度」が上がりすぎてしまうことが課題となっています。そのため 枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせ日照量を調節。 また、ムエックス氏はドライファーミングにも力を入れています。ドライファーミングとは灌漑をしない、つまり水を与えない農法でブドウを栽培することにより、ブドウの樹の根が地中深くに伸び、養分を吸い取ることで「テロワールが味わえるワイン」が生まれるそうです。 【ムエックス氏が描いたドライファーミングの図】 (左)ドライファーミングをしたブドウの樹。地中の水を求めて3mほど根が伸びる。 (右)灌漑をした時の根。表面に撒かれた水を求めて根が上に伸びてしまう。 ムエックス氏が魅了されたナパヌックヴィンヤードの畑には3〜5%の傾斜がついていますが、畑の上部(標高230m付近)に位置する区画の約2/3がドミナスに、若木の1/3がナパヌックに使用されます。畑の中腹は、1/3がドミナス、2/3がナパヌックに。そして一番標高の低い畑のブドウが、サードであるオテロに回されるそうです。 【ムエックス氏が描いたナパヌック・ヴィンヤードの図】 ※ムエックス氏が描いたナパヌックヴィンヤードの図 ※D=ドミナス、NK=ナパヌック、O=オテロ ナパヌック・ヴィンヤードの中でも最上の区画から収穫されたブドウは、キャラクターの違う区画ごとに発酵、醸造が行われます。 それぞれのブドウが生まれた場所を深く理解し、精密に計算しつくされ行うワインメイキングは、ムエックス氏が目指す複雑味を帯び洗練された力強い味わい を生みだします。 こうしてドミナス・エステートで丁寧に造られるワインは、 ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合し、 上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。 カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、 ボルドーのグランヴァンに通じる何層にも重なる複雑性 を兼ね合わせた逸品であり、カリフォルニアがお好きな方はもちろんのこと、ボルドーラヴァーにも是非味わっていただきたい特別なワインです 。 2012年、2013年に続き、 軒並み好評価を獲得した偉大なヴィンテージ。 2012年、2013年に続きグレートヴィンテージとなった2014年。ワインスペクテーター誌は、 ヴィンテージチャートで2014年について「2012年の豊かな風味と2013年の美しいストラクチャーを備えており、熟成させる価値がある」と称し、96点という高得点を与えています。 今回入荷したドミナスの最新2014年も パーカーポイント97点、ジェームス・サックリングで98点 を獲得するなど、軒並み高評価を獲得しています。 凝縮した果実味に溶け込むシルキーなタンニンと柔らかな酸。溢れる果実のアロマに幾層にも重なるキャラクターが複雑さを演出し、より一層深みのある味わい に仕上げています。その後に訪れる長く甘美な余韻は飲み手を優しく魅了してくれます。

ワイン 赤ワイン 2014年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヴァレー 750ml 新作入荷,セール —— 29,100円

ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2015年 オテロ ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア 750ml 2019,新作

2015 OTHELLO / OTHELLO WINE CELLARS 評価:ジェームス・サックリングにて94点を獲得 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ファン待望!ドミナスのサードラベル 最新グレート・ヴィンテージ2015年、初入荷。 ! ワイン界の伝説と言っても過言ではない、ボルドーの名匠クリスチャン・ムエックス氏が造るプレミアム・ナパワイン、ドミナス。 2010年と2013年に引き続き最新ヴィンテージ2015年においてもワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得するという快挙を成し遂げ、カリフォルニア最高峰ワインの一つとして、その地位を揺るぎないものにしています。 今回、その ドミナスのサードワイン『オテロ』の最新2015年ヴィンテージがエノテカに初入荷 致しました。2015年はカリフォルニアの優良ヴィンテージである上、ドミナスの100点、セカンドラベルのナパヌックの過去最高評価獲得に続き、オテロもジェームス・サックリング94点の高評価を獲得しています。オテロは、 ドミナスに通ずるエレガンスも備えながらも、同年のファーストが45,000円に対してその1/6以下の価格で手に入るというのも魅力 の一つ。是非、新ヴィンテージ入荷のこの機会にご堪能ください。 ボルドー右岸最高の造り手、クリスチャン・ムエックス氏が 手掛けるプレミアムナパワイン。 ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなど右岸のスターワインを育て上げた、世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。彼は、ワインメーカーとしてだけではなく、醸造家としてもその手腕を発揮し、2008年には デキャンター誌の「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている、現代ワイン界の伝説的人物です。 そのムエックス氏が、カリフォルニアにおけるプレミアム・ワインの産地であるナパ・ヴァレーに、1982年に設立したのがドミナス・エステート。当時のナパでは、ブドウ栽培とワイン醸造は分業制が一般的でしたが、ムエックス氏は ブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うボルドーのドメーヌ方式を持ち込み、品質を徹底管理するスタイルを確立。 カリフォルニアワイン界に大きな衝撃を与えました。こうして誕生したドミナス・エステートのワインは、 ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合した上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。 カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、ボルドーのグランヴァンに通じる複雑性を兼ね備えています。 ドミナスはリリース直後から高評価を得ており、市場価格も年々上昇して2009年ヴィンテージからは一気に倍の価格に。 また、2010年と2013年ヴィンテージはワイン・アドヴォケイト誌でなんとパーカーポイント100点を獲得するという快挙を成し遂げました。 現在では、カリフォルニア最高峰ワイナリーの一つとして、その地位を揺るぎないものとしています。 優雅な味わいのカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出す、 ナパ最古の優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」 ムエックス氏がこのナパ・ヴァレーを選んだ理由。それは、1960年代にカルフォルニアでワイン造りを学んでいた彼が、1981年にこの地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端に感じた 「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 という直感でした。 このインスピレーションを得たムエックス氏は、早速翌年の1982年にドミナス・エステートを創設、ワイン造りをスタートさせました。当初は、伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘、ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミスとのジョイントベンチャーでワイン造りが開始されましたが、1995年より、ドミナス・エステートはムエックス氏の完全所有となっています。 ドミナス・エステートの本拠地であるナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれています。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれており、その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。中でもドミナスが畑を所有するヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、 エレガントで優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンが育ちます。 そして実は、 ドミナスの畑からオーパス・ワンの畑は目と鼻の先。 この土地は、 プレミアムワインを生み出す、カリフォルニアにおいても最高のテロワール であると言えるのです。 ドミナスやナパヌックと同じ畑のブドウを用いた、 日本のワインラヴァーのために造られたエレガントなワイン。 こちらのオテロは 親日家であるムエックス氏が日本のワインラヴァーのために和食とも相性の良い軽やかでエレガントなワインを造りたいとの思いから誕生したワイン。ドミナスとナパヌックと同じ畑、ナパヌック・ヴィンヤードの別区画から収穫した若樹のブドウを100%用いて造られる第3のワイン です。 畑は標高によってドミナス、ナパヌック、オテロで分けられていますが、「どの区画から収穫したブドウでもよいワインを造りたい」とのムエックス氏の考えから、ワインごとに明確に区画を分けることはしていません。 醸造は、 クリスチャン・ムエックスの最高の醸造チームの厳しい管理のもとで行われ 、ブドウの果汁に果皮を漬け込むスキンコンタクトの期間を短くすることでタンニンの抽出を抑え、熟成期間も短縮。 ドミナスやナパヌックと比べて果実のピュアな旨味を全面に出したスタイルで、長期熟成を待たずとも楽しめるのが最大の魅力。さらにクリスチャン氏曰く、5~10年の熟成も可能なポテンシャルも備えています。 「オテロ史上最高の美味しさ!」と大絶賛される 最新ヴィンテージ2015年。 今回入荷した2015年は、 ドミナスがワイン・アドヴォケイト誌にて100点獲得、セカンドラベルのナパヌックは過去最高評価を獲得した超グレート・ヴィンテージ です。 2015年のオテロもまた、 ジェームス・サックリングにて94点の高評価を獲得。ジェームス・サックリング氏が「オテロ史上最高の美味しさ!」と大絶賛するヴィンテージ です。濃縮した黒系果実のアロマにマッシュルームの香りが重なり、アーシーなニュアンスを生み出します。口当たりは、パワフルかつ繊細な味わいが印象的。旨味を伴うジューシーな酸と、キメ細かなタンニンが驚くほどに滑らかで圧倒させられます。 ドミナスに通ずるエレガンスを持ち合わせていながらも、ファーストの1/6以下の価格で手に入るというのも魅力のオテロ。 この機会に、ボルドー右岸最高の造り手が手掛ける逸品を是非ご堪能ください。

ワイン 赤ワイン 2015年 オテロ ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア 750ml 2019,新作 —— 6,000円

ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2015年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヴァレー 750ml セール,最新作

WA100点獲得 最新ヴィンテージ入荷 2015 DOMINUS / DOMINUS ESTATE ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 86%、プティ・ヴェルド 9%、カベルネ・フラン 5% 評価:ワインアドヴォケイト誌にて100点獲得。 ジェームス・サックリングにて98点獲得 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ファン待望!WA100点獲得の超グレート・ヴィンテージ、 最新2015年到着! ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。同氏が1980年代にカリフォルニアで創設し、今やカリフォルニアのトップワイナリーに数えられるのがドミナス・エステートです。 今回、そのドミナスからトップ・キュヴェであるドミナスの最新ヴィンテージ2015年が入荷いたしました。 2015年のドミナスは、2010年、2013年に続き、ワイン・アドヴォケイト誌において3度目となる100点を獲得した超グレート・ヴィンテージ です。ファン待望の最新ヴィンテージ初リリースのこの機会を、是非お見逃しなく。 「私はここでワインを造るべきだ!」 世界屈指の醸造家クリスチャン・ムエックス氏が惚れ込んだ畑、 ナパヌック・ヴィンヤード。 ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた、世界屈指のワインメーカー 、クリスチャン・ムエックス氏。 ドミナスは、 クリスチャン・ムエックス氏が特に力を注いでいるワインの一つ です。1968年から1969年にかけてムエックス氏はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びました。その時以来ナパヴァレーの地に魅せられ、1980年代初頭にこの地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端、 「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 。 と直感的に悟りこの地にドミナス・エステートを創設しワイン造りを始めました。 ファーストヴィンテージは1983年。最初は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミスとタッグを組み、ジョイントベンチャーとしてスタート。 その後。1995年に彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営することになりました。 最高の栽培環境。 優雅なカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すナパの魅力。 ナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれます。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは、太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれています。 その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。 「ナパヌック・ヴィンヤード」のヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、 暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨン が育ちます。 そして実は、この土地からドミナスの位置する土地からオーパス・ワンの畑は目と鼻の先。 キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実なのです。 カリフォルニアの常識を覆すワイン造り。 ドミナスが誕生した1980年代、カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制があたりまえであり、あのダラ・ヴァレーも自社所有の畑は「マヤ」だけでした。 そんな中、ムエックス氏はボルドーで行っているように、ブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込み、カリフォルニアのワイン界に大きな衝撃を与えました。 ムエックス氏が一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わい。そのためにボルドーで培った栽培技術を持ち込み、畑の管理を徹底しています。カリフォルニアは日照量と温暖な気候が魅力ですが、その気候故にブドウの「糖度」が上がりすぎてしまうことが課題。それを防ぐために、 枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせ日照量を調節しています。 また、ムエックス氏はドライファーミングにも力を入れています。ドライファーミングとは灌漑をしない、つまり水を与えない農法でブドウを栽培すること。ブドウの樹の根が地中深くに伸び、養分を吸い取ることで「テロワールが味わえるワイン」が生まれるそうです。 【ムエックス氏が描いたドライファーミングの図】 (左)ドライファーミングをしたブドウの樹。地中の水を求めて3mほど根が伸びる。 (右)灌漑をした時の根。表面に撒かれた水を求めて根が上に伸びてしまう。 ムエックス氏が魅了されたナパヌックヴィンヤードの畑には3〜5%の傾斜がついていますが、畑の上部(標高230m付近)に位置する区画の約2/3がドミナスに、若木の1/3がナパヌックに使用されます。畑の中腹は、1/3がドミナス、2/3がナパヌックに。そして一番標高の低い畑のブドウが、サードであるオテロに回されるそうです。 【ムエックス氏が描いたナパヌック・ヴィンヤードの図】 ※ムエックス氏が描いたナパヌックヴィンヤードの図 ※D=ドミナス、NK=ナパヌック、O=オテロ ナパヌック・ヴィンヤードの中でも最上の区画から収穫されたブドウは、キャラクターの違う区画ごとに発酵、醸造が行われます。 それぞれのブドウが生まれた場所を深く理解し、精密に計算しつくされ行うワインメイキングは、ムエックス氏が目指す複雑味を帯び洗練された力強い味わい を生みだします。 こうしてドミナス・エステートで丁寧に造られるワインは、 ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合し、 上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。 カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、 ボルドーのグランヴァンに通じる何層にも重なる複雑性 を兼ね合わせた逸品であり、カリフォルニアがお好きな方はもちろんのこと、ボルドーラヴァーにも是非味わっていただきたい特別なワインです 。 WA100点獲得!クリスチャン・ムエックス氏が大絶賛する 最新グレート・ヴィンテージ2015年。 ドミナスの最新2015年ヴィンテージは、2010年、2013年に引き続き、 ワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得した超グレート・ヴィンテージ。 完熟したブルーベリーやブラックベリー、黒スグリの果実のアロマに、タイム、鉄、アニスのニュアンスに加えラベンダー、マルチパンなど様々な要素が複雑に絡み合っています。口に含むと、エネルギーに満ち溢れた力強い印象。凝縮した果実味とみずみずしい酸味、精密なタンニンが見事なハーモニーを演出し、フィニッシュでは驚くほど長く深みのある余韻が続きます。 クリスチャン・ムエックス氏曰く、「偉大なる自然はこのワインにナパのリッチネス、ボルドーのフィネスを授けた。」 とのこと。「我々は最初からこのヴィンテージに惚れていた。」と満面の笑みで語るファンには見逃せないグレート・ヴィンテージです。

ワイン 赤ワイン 2015年 ドミナス ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヴァレー 750ml セール,最新作 —— 31,200円

ドミナス・エステート

ワイン 赤ワイン 2015年 ナパヌック ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヨーントヴィル 750ml 正規品,限定SALE

過去最高評価獲得 2015 NAPANOOK / DOMINUS ESTATE ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 93%、プティ・ヴェルド 4%、カベルネ・フラン 3% 評価:ワインアドヴォケイト誌にて93+点獲得。 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 過去最高評価獲得! 最新グレート・ヴィンテージ2015年到着。 ワイン界の伝説と言っても過言ではない、ボルドーの名匠クリスチャン・ムエックス氏が造るプレミアム・ナパワイン、ドミナス。2010年と2013年に引き続き 最新ヴィンテージ2015年においてもワイン・アドヴォケイト誌にて100点を獲得する という快挙を成し遂げ、カリフォルニア最高峰ワインの一つとして、その地位を揺るぎないものにしています。 今回その ドミナスのセカンドラベル『ナパヌック』の最新2015年ヴィンテージがエノテカ・オンラインに初入荷致しました。ドミナスの100点獲得に続き、ナパヌックもまたワイン・アドヴォケイト誌にて93点+の過去最高評価を獲得 しています。ファン待望の最新ヴィンテージ初リリースのこの機会を、是非お見逃しなく! セカンドラベルの枠を超えた、「もうひとつのドミナス」。 ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなど右岸のスターワインを育て上げた、世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。彼は、ワインメーカーとしてだけではなく、醸造家としてもその手腕を発揮し、 2008年にはデキャンター誌の「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている、現代ワイン界の伝説的人物 です。 そのクリスチャン・ムエックス氏がナパ・ヴァレーの豊穣な大地にボルドー仕込みの醸造技術を持ち込み、 テロワールの持つ複雑性、エレガンスを究極までに追求したワインが、ドミナス。 そして、力強く濃厚なカリフォルニアワインのイメージを覆す、優雅でエレガントなそのスタイルを引き継ぎながら、より若いうちからカジュアルに楽しめるよう造られたのが、このナパヌックです。 セカンドワインと言えども、ファーストのセレクションに満たなかったブドウを使用するのではなく、 ドミナスと同じ畑から、ナパヌックのために厳選されたブドウを用い造られています。 そのクオリティを証明するように、 ナパヌックは2006年から2010年まで毎年パーカーポイント90点以上の高得点をキープ し、更にワイン・アドヴォケイト誌の批評家だったアントニオ・ガローニ氏からは、「ナパ・ヴァレーの中で最も素晴らしいスーパーセカンドワインの1つ。」と賞賛される存在。非常にコストパフォーマンスに優れている上、 実はドミナスより生産量が少ないため、発売後、即完売 となってしまうこともあるほどの超人気ワインです。 世界屈指の醸造家クリスチャン・ムエックス氏が惚れ込んだ畑、 ナパヌック・ヴィンヤード。 ナパヌックは元々、カリフォルニアワインの黎明期を築いた伝説のワイナリー「イングルヌック」の畑の一つであり、 ナパ・ヴァレー最古と言われる歴史ある畑です。ムエックス氏とナパヌックの出会いは1980年代。カリフォルニア大学デービス校在学中からナパ・ヴァレーの可能性に魅せられたムエックス氏がこのナパヌックを発見した際、「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」 と悟ったと言います。 ファーストヴィンテージは1983年。最初は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミスとタッグを組み、ジョイントベンチャーとしてスタート。 その後。1995年に彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営することになりました。 クリスチャン・ムエックス氏が惚れ込んだ畑 「ナパヌック・ヴィンヤード」。 ボルドーの名門として素晴らしいワインの数々を手掛けながらも、ムエックス氏がこの「ナパヌック」にそこまで惚れ込んだ理由、それはこの地ならではの気候にあります。ナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれます。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも温暖な気候に恵まれており、その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇。 「ナパヌック・ヴィンヤード」のヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨン が育ちます。 興味深いことに、ファーストラベルのドミナス、セカンドラベルのナパヌック共に、メルロが全く使用されていません。これまでムエックス氏が育て上げてきた数々の右岸シャトーとは、全く別のスタイルへ挑戦しているのです。そして実は ドミナス・エステートの位置する土地から、オーパス・ワンの畑は目と鼻の先。 キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実と言えるのです。 ※ムエックス氏が描いたナパヌックヴィンヤードの図 ※D=ドミナス、NK=ナパヌック、O=オテロ こちらのナパヌックは、上の図の通り、 ドミナスと同じカリフォルニア随一の畑、ナパヌック・ヴィンヤードで専用に栽培されたブドウを使用 し造られます。上部の一番良い区画の若木から1/3と、真ん中の区画から2/3のブドウを使用し造られる非常に贅沢な造りのもう一つのドミナス。 ワイン・アドヴォケイト誌において「非常に高いレベルに達するドミナスのセカンドワイン。」と称賛 されるその味わいは、優雅でエレガントなドミナスのスタイルを継承しながら、より若いうちからカジュアルに楽しめるチャーミングさも兼ね備えています。 ワイン・アドヴォケイト誌にて過去最高評価獲得! ムエックス氏も惚れたグレート・ヴィンテージ。 2015年のナパヌックは、ワイン・アドヴォケイト誌にて93+点の過去最高評価を獲得。 濃いガーネットの色合い。クレーム・ド・カシスやポプリ、プラム、スミレの芳醇なアロマに加えて、ダークチョコレートやメントール、甘草、炭のニュアンスが複雑味を演出しています。濃縮した黒系果実の味わいにアーシーな風味が何層にも重なり合うことで、確固たるストラクチャーを形成。熟したタンニンを纏った余韻は、最後まで口の中で広がります。 2015年ヴィンテージについて、クリスチャン・ムエックス氏曰く、「偉大なる自然はこのワインにナパのリッチネス、ボルドーのフィネスを授けた。」 とのこと。「我々は最初からこのヴィンテージに惚れていた。」と満面の笑みで語るファンには見逃せないグレート・ヴィンテージです。

ワイン 赤ワイン 2015年 ナパヌック ドミナス エステート アメリカ カリフォルニア ナパ ヨーントヴィル 750ml 正規品,限定SALE —— 11,600円