ワイン ロゼ 2016年 バンドール ロゼ クール ド グレン シャトー ロマサン ドメーヌ オット フランス プロヴァンス 750ml 限定SALE,2019

ワイン ロゼ 2016年 バンドール ロゼ クール ド グレン シャトー ロマサン ドメーヌ オット フランス プロヴァンス 750ml 限定SALE,2019

2016 BANDOL ROSE COEUR DE GRAIN CH.ROMASSAN / DOMAINES OTT ★
品種:ムールヴェードル、サンソー、グルナッシュ


※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。
この商品は特殊な形状のためギフトボックスに入りません


※ 木箱には入りません。 ボックスをご利用の際は紙箱を お選び下さい。

地中海に面した南フランス、プロヴァンスに100年以上の歴史を持つドメーヌ・オット★
3つのワイナリーを所有し、生産量の60%以上が国内に出荷され、パリの高級ホテルやレストランからも絶対的な信頼を得ています。
このバンドール・ロゼは、ドメーヌ・オット★の看板ワインとも言える1本で、「キング・オブ・ロゼ」と呼ばれる程、南仏のロゼ、さらにはフランスを代表するロゼワインのひとつです。
ワインが造られているシャトー・ロマサンはマルセイユの街から車で1時間ほど東のA.O.Cバンドールのエリアにあります。海から6kmほどしか離れていませんが、四方を小高い丘に囲まれており、 海からの冷たい大気を遮るため、温暖でとても乾燥した気候です。古くは教会であったことからワイン造りがはじめられ、いまでも醸造は200年を超える歴史を持つセラーで行われています。

シャトー・ロマサンでは『よいワインを造るための仕事の90%は畑での仕事』という理念のもと、大変丁寧に畑の手入れを行っています。ブドウの樹に付くウドン粉病などの原因になる虫類はボルドー液または手で直接取り除いていきます。また、3週間ごとに地表の土壌を耕作機で耕し、肥料は堆肥や海草など自然に由来するものだけ。夏の日差しから果実を守るため、ほど良く葉を残し全体的生い茂る葉を刈り込み、風通しをよくします。海洋性の恵まれた気候はもちろんのこと、毎日の丁寧な手入れにより、「オーガニック、ノン・ケミカル」を実現しています。
さらに醸造でもデリケートにブドウのエッセンスを取り出すことにこだわっています。
そのポイントは『プレスをしないこと』と、『低温を保つこと』。圧搾は、まず果実の房を15℃に冷やしながら、水平プレス機を用い、とにかく優しく、デリケートに、そっと果実を潰しジュースを取り出します。そのジュースは低温状態を保ったまま、天然酵母で発酵へ。アルコール発酵中、タンクや樽の下部にはその段階で柔らかな澱が沈殿しますが、熟成にまわされるのは、上澄み部分のみ。 終始、常に2階から1階へと作業が進み、ポンプ機器を使わず、本当に一番美味しいブドウの果汁だけが取り出され、優しく扱われます
またステンレスタンクだけで仕立てられるロゼワインが多い中、シャトー・ロマサンのバンドール・ロゼは木樽、それも5,000Lの大樽を使用しています。オーク内の環境が熟成中のワインの沈殿作用に最適で、よりまろやかに、そして純粋さを高めることが出来るのです。キュヴェごとに仕立てたワインは、半年程度の熟成後にテイスティングされ、ブレンドが決定。その後さらにオーク熟成を経て、芳醇なヴォリューム感と微かなオークの香りを纏いボトリングのときを待ちます。

バンドール・ロゼの主要品種はムールヴェードル。スペイン、ローヌ、オーストラリアなどで栽培される、まさに温暖な南国向きの黒ブドウで、赤ワインに仕立てれば非常に長期熟成向きとなります。このバンドール・ロゼでは、滑らかで柔らかな豊潤なコクを活かしています。 また海に近い肥沃な土壌とミストラルの吹き付ける地中海性気候に由来する、十分にミネラルを含んだ、ゆったりと丸みのあるボディも非常に魅力的で、幅広い料理を引き立ててくれます。地元プロヴァンスの浜辺では、地元の魚のグリルやオリーヴオイルのサラダと一緒に楽しまれています。
見た目の通り、ピュアで優しい飲み口のワインなので、フライドチキンや焼き鳥などカジュアルなおつまみとよく合い、ぐっと引き立ててくれます。