葡萄品種で選ぶ

1999 サルジェ ド グリュオ ラローズ サン ジュリアン フランス ボルドー 750ml 赤 最安値,定番人気

1999 SARGET DU GRUAUD LAROSE / SAINT-JULIEN "王のワイン、ワインの王" サン・ジュリアンで長年愛されているシャトーのセカンドワイン。 サン・ジュリアンはポイヤックとマルゴーに挟まれた土地柄、 両者の中庸的なスタイルと説明されることが多いですが、 その サン・ジュリアンの美点を余すところなく表現 しているグリュオ・ラローズ。 こちらはそのセカンドワインです。 ポイヤック的な堅牢で重厚なスタイルと、マルゴー的な優雅さやフィネス。 それらを 調和のとれたスタイルに落ち着かせる、 熟練の技が生きた品格のあるワイン です。 エチケットに堂々と 「王のワイン、ワインの王」 と記されているとおり、 1855年の格付け当時、1級シャトーに次いで取引価格が高かったのが グリュオ・ラローズだったというのは有名な話。 現在でも、 「最も愛されている第2級格付のひとつ」 と称されています。 第二級シャトーの中で最大級の生産量を誇り、 年によって 品質にムラがなく、安心して買える というのも魅力の一つです。 こちらのセカンドワインは、 主に樹齢の若い樹から収穫した果実を使っていますが、 ファーストとほぼ同じ方法で醸造されています 。 ベルベットのような厚く滑らかな味わいが若いうちから楽しめます。 1999年のフランス・ボルドー地方は収穫量が多く、 飲み手に優しくシルクのような、なめらかな舌触りのワインが生まれたヴィンテージ。 2000年のミレニアムワインの前年で忘れられがちですが、 今日のボルドーで最良といえるお値打ちヴィンテージの一つとなっています。 ローストしたハーブや、タバコの葉のニュアンスと イチジクやプラムなどの果実の甘味を感じます。 ベリータルトのような香ばしさもあり、溶け込んだタンニンとともに旨みを余韻に残します。 熟成を経てこそ得られる落ち着いた熟成感。 官能的な旨みを、是非お楽しみください。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベック ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ※ オールド・ヴィンテージ商品のため、経年によりボトルやラベルに汚れやキズなどがある 場合がございます。予めご了承ください。 ※ 数量限定の販売につき売り切れの際はご容赦ください。 コルクにカビが生えているワインは保管の良い証 ワインの理想的な保管条件は温度が15℃前後、湿度が75%前後です。この条件はカビが発生しやすい状態で、ワインセラーで長期間保管していると、キャップシールの中、コルクの上部にカビがつくことが多くあります。もしコルクにカビがついていた場合はしっかり拭き取っていただければ問題はありませんのでご安心下さい。 ラベルの汚れはオールド・ヴィンテージならば避けられないもの 長く保管されればされるほど、外見は完全な状態ではなくなります。長期間理想的な状態で保管されていたワインの多くは、高い湿度によってラベルにシワやシミができます。 シャトーによっては、蔵出し直前にラベルを張り付ける場合があり、オールド・ヴィンテージのワインでも綺麗なラベルのワインもあります。シワ・シミがあるからといって、保管状態をご心配される必要はありません。 液面が下がっているのは、熟成の結果です オールド・ヴィンテージのワインには、しばしば漏れた形跡が無いにも関わらず、ワインの量が目減する不思議な現象が起きます。これはコルクの絶妙な弾力性が関係しています。コルク栓で閉めたワインボトルは完全密閉ではなく、ワインは空気と触れ合っていることで、少しずつ科学変化が起き、ゆっくりと熟成していきます。 このような熟成中の変化を指して、ワインは呼吸していると表現されています。 飲む前は最低一週間はボトルを立てておきましょう ワインは熟成の過程で、長い時間をかけて不溶性の沈殿物が発生します。これが澱(オリ)と呼ばれるものです。澱は元々ワインに溶け込んでいた自然の成分が固形化したものなのでお飲みいただいても問題はありません。しかし口当たりが悪く、強い渋味を感じるため、できるだけ飲みたくないものです。 そうは言っても配送や持ち運びによってボトルが振動すると、澱が舞ってボトル全体に浮遊しまいます。そこでオールド・ヴィンテージのワインを飲む前は、ボトルを立てて澱を瓶底にためるようにしましょう。 目安としては、一週間ほど立てて保管することをおすすめします。 コルクはゆっくり丁寧に抜きます 熟成を重ねると、コルクが柔らかく脆くなります。そのため若いワインのように勢いよく抜くのではなく、ゆっくりと丁寧に引き上げるように抜栓します。もしコルクが折れてボトルの中に落ちてしまったら、デキャンタに移して飲む方法がベストです。 ゆっくり丁寧にグラスに注ぎます オールド・ヴィンテージのワインを飲む時は、勢いよく注がずに澱が舞いあがらないようにゆっくりと注ぎます。 そうすることで、最後までボトルの底に澱をためておくことができます。ためておいた澱は勿体ないですが、飲まずに捨ててしまいましょう。目安として瓶底1cm残しておくと良いとされています。 一本丸ごと味わいましょう ボトルを立てておいたオールド・ヴィンテージのワインは、同じ1本でも上部と下部では味わいが異なります。 ボトルの下部ほど濃度が濃くなります。一本のワインで違った味わいを楽しみたい場合にはボトルから直接グラスに注ぎ、味を均一化するにはデキャンタに移すことをおすすめします。

1999 サルジェ ド グリュオ ラローズ サン ジュリアン フランス ボルドー 750ml 赤 最安値,定番人気 —— 4,300円

葡萄品種で選ぶ

2007 CH.ラ グラーヴ ア ポムロル ポムロル フランス ボルドー 750ml 赤 最安値,新作

2007 CH.LA GRAVE A POMEROL / POMEROL ペトリュスやオザンナを所有するジャン・ピエール・ムエックス社が 手がけるワインだけに、 ペトリュスに似た個性 を見せてくれる ラ・グラーヴ・ア・ポムロル。 シャトーはラランド=ド=ポムロルに近い、ポムロル北部に位置しています。 1971年にこのシャトーはムエックス社の所有となり、 クリスチャン・ムエックス氏はこのワインを ポムロルの中でもエレガントで美しい、 スタイリッシュなワインに造り上げています。 チェリーや西洋杉の豊かなアロマ。 エレガントかつピュアな味わいに魅力的な柔らかさが楽しめます。 ペトリュスのスタイルを味わってみたい方、 ペトリュスのスタイルが好きな方にうってつけの1本です。 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 ギフト包装はこちら

2007 CH.ラ グラーヴ ア ポムロル ポムロル フランス ボルドー 750ml 赤 最安値,新作 —— 6,000円

葡萄品種で選ぶ

2011 アロース コルトン ニコラ ロシニョール フランス ブルゴーニュ アロース コルトン 750ml 赤 2019,人気SALE

2011 ALOXE-CORTON / NICOLAS ROSSIGNOL 「10年後のヴォルネイを背負って立つ」と言われる若き実力派。 上品かつ優雅、テロワールを素直に生かした造り。 凝縮された果実味と柔らかく豊富なタンニンの調和が美しい1本。 ヴォルネイ村に本拠地を置くニコラ・ロシニョールは、 他の有力な造り手や多くの評価誌において、 「10年後のヴォルネイを背負って立つのはきっと彼だろう」 と期待されている実力派です。 5代に渡り続く名門シャトーで、父親からドメーヌを受け継いだ 2000年からニコラ・ロシニョールの名前でワインをリリースしています。 ニコラ氏は、 ジョセフ・ボワイヨ、 ルイ・ラトゥール などブルゴーニュの著名なドメーヌの他、 ローヌのヴュー・テレグラフ、ボルドーのシャトー・ラフィット・ロスチャイルド などでも修行を積みました。 そしてその後も、南アフリカ、ステレンボッシュのドメーヌ・ボッシェンダルと シャトー・ラフィットが所有するシャトー・ラ・カルボンヌで醸造や瓶詰めの技術を学ぶなど、 若い造り手ながら、そのキャリアは超一流。 その証拠に、2009年『デキャンタ誌』では、アルマン・ルソー、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエなど、 世界に名高いブルゴーニュの一流ドメーヌらと並び、最高評価の5つ星を獲得。 名実ともにトップ生産者の仲間入りを果たしています。 さらにブルゴーニュワインの雑誌『ブルゴーニュ・オージュルデュイ』でも、 ブルゴーニュの未来の10傑 に選出。 「ダンジェルヴィユを越えるワインを造るだろう」 とまで言われています。 果実味の純粋さを極力生かすため、除草剤等を使用しない 減農薬農法(リュットレゾネ)を実行 し、無ろ過で瓶詰めしています。 ブドウは100%手摘みで収穫され、6人ものスタッフで選果されます。 そして除梗と全房の2種類に選別され、 2週間もの間、10〜15℃の低温で浸漬された後、 天然酵母によって自然な発酵を行います。 このように丁寧に醸造されたワインは、 上品で優雅、そしてテロワールを素直に生かした造りが特徴。 情熱を持ったワイン造りと、確かな技術で年々評価を上げているニコラ・ロシニョール。 ブルゴーニュワインにおけるスーパースターになる日も近いかもしれません。 アロース・コルトンはブルゴーニュで唯一、赤ワインと白ワインの特級畑を擁する名高いアペラシオン。 こちらのアロース・コルトンはノンフィルターで瓶詰めされているため、強めの果実味と動物香が特徴。 樹齢およそ70年という古樹と20年の若樹のブドウを混ぜて使っています。 レッドチェリーやカシス、桑の実などの赤系・黒系果実のアロマに、 シナモンやクローヴ、バニラ、なめし皮などの複雑なニュアンスが重なります。 凝縮した果実味と柔らかく豊富なタンニンのバランスが見事。 しっかりとした味わいの中に透明感もあり、スパイシーで上品な余韻が心地良く続きます。 今後のブルゴーニュを担う実力派ドメーヌが手掛けるお値打ちキュヴェ。 ブドウの旨味が凝縮された1本をご堪能下さい。 ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。>

2011 アロース コルトン ニコラ ロシニョール フランス ブルゴーニュ アロース コルトン 750ml 赤 2019,人気SALE —— 4,300円

葡萄品種で選ぶ

2011 シャトー ラグランジュ フランス ボルドー サン ジュリアン 750ml 赤 SALE,豊富な

2011 CH.LAGRANGE / SAINT-JULIEN 中世からの歴史をもつ伝統的シャトー。 奥行のある複雑味と エレガンスを感じる仕上がり。 メドック格付け第三級 シャトー・ラグランジュはサン・ジュリアン村に位置する格付け第三級シャトー。 中世の時代からの歴史があり、当時は 「ラグランジュ・モンテイユの高貴な館」 と呼ばれ、 一部はボルドー聖堂騎士団の領地でもありました。 そして19世紀には、当時のルイ・フィリップ朝で権力を握っていたデュシャテル伯爵が 所有者になり、シャトーの名声を栄光の頂点にまで引き上げました。 1960年代、1970年代までは凡庸なワインを造っていた言われていますが、 1983年に サントリーが買収してからブドウ樹の植え替えなど抜本的な改善を行い、 飛躍的な品質向上を遂げて、 近年大注目を集めています。 ワインは厳しい選別が行われ、非常に熟した果実が収穫されることにより、 たっぷりとしたタンニンを持ちふくよかでリッチなスタイル に仕上がっています。 また、新樽に由来する香ばしい風味もラグランジュの個性を印象づけています。 シャトー・ラグランジュの手入れの行き届いた畑、設備、 管理を行うマルセル・デュカス氏や、日本人エノロジストの鈴田健二氏など、 ワインメイキングにおける工夫と知恵、そして伝統と自然へのリスペクト… 沢山の人の努力が実を結び、シャトー・ラグランジュは日々成長し、 多くのワインラヴァーを虜にしているのです。 2011年は、ここ最近の40年間で最も乾燥した気候となり、 過去2年のグレートヴィンテージと比べれば線の細いスタイルですが、 ブドウはしっかりと熟しました。 力強いタンニンがある為、醸造時にタンニンが出すぎないように抽出することが必要とされ、 新鮮でエレガント、長期熟成能力も備えたワインを生み出すことが出来ました。 ブラックカラントやカシスの黒系果実の香りに、 西洋杉、腐葉土、スパイス、バニラ、ホワイトチョコレートのニュアンス。 果実味はジューシーで甘やか、 クリーンでしなやかなタンニンが余韻にまで長く続いていきます。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 62%、メルロ 32%、プティ・ヴェルド 6% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2011 シャトー ラグランジュ フランス ボルドー サン ジュリアン 750ml 赤 SALE,豊富な —— 6,500円

葡萄品種で選ぶ

2012 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 赤 豊富な,定番人気

2012 ECHO DE LYNCH BAGES / PAUILAC 人気スーパーセカンドとして名高いランシュ・バージュ。 格付け2級に匹敵するといわれる、実力派シャトーの 早くから楽しめる親しみやすい味わいのセカンドラベル。 2008年ヴィンテージから、ランシュ・バージュのセカンドラベルは、 「シャトー・オーバージュ・アヴルー」から、 「エコー・ド・ランシュ・バージュ」 と名称が変更、 デザインやコンセプトも一新されました。 新しい「エコー」という名前はギリシャ神話に登場する 森のニンフ(妖精)の名前からつけられています。 他人の声を繰り返すことしかできず、一番手になれなかったエコー。 エコー・ド・ランシュ・バージュもファーストラベルではありませんが、 妖精のエコーのようにチャーミングでエレガント、 魅力あふれるワインに仕上がっています。 オーバージュ・アヴルーは覚えにくく、発音がし難かったため、 エコーに変更したと語るオーナーのカーズ氏。 また、 「エコー」は声の後に響くという意味で後に続くワインとして、 ランシュ・バージュよりソフトな造りを目指しているそうです。 近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発してい ます。 例えばその一人に ヒュー・ジョンソン氏 がいます。 彼は「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、 今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。 見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、 5つ星中4つ星を付けました。 ファーストラベルとの違いは若樹のブドウを使用していることと、 メルロとカベルネ・フランの比率が若干高いこと以外変わりはありません。 しかもあまり知られていませんが、 ファーストの20〜30%の量しか生産されない貴重なワインです。 2012年は、夏は乾燥し、9月後半から10月にも予期せぬ雨が降ったりと 2011年に続き、生産者にとって決して平坦ではない年となりました。 しかし出来上がったワインは、しっかりと抽出された果実味が豊かで 驚くほどソフトで丸みのある出来ばえ。 2009年に通じる豊かな果実味とバランスに秀でたヴィンテージと言えます 。 濃厚な紫色を誇り、芳醇なカシスに加え、 森林の中の土っぽく、インクのようなニュアンスが感じられます。 ファーストのランシュ・バージュより オープンな味わいで早くから楽しめるような仕上がりです。 コストパフォーマンスも大変すぐれたワインです。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン 評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて86点を獲得 ワインスペクテーター誌にて89点を獲得 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2012 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 赤 豊富な,定番人気 —— 4,200円

葡萄品種で選ぶ

2013 シャトー サン ピエール サン ジュリアンフランス ボルドー 750ml 赤 限定SALE,新品

2013 CH. SAINT-PIERRE / SAINT-JULIEN 2003年以降、飛躍的にその評価を上げている 伝説的人物に磨かれてきた伝統派ボルドー。 滑らかなタンニンと華やかなアロマが魅力の2013年ヴィンテージ。 メドック格付け 第四級 サン・ジュリアンのシャトー・ベイシュヴェルのすぐ裏手、 デュクリュ・ボーカイユ、レオヴィル・バルトン、 グリュオ・ラローズに囲まれた恵まれた立地を誇る、 格付け第4級のシャトー・サン・ピエール。 ロバート・パーカー氏も 「コストパフォーマンスに優れるワイン」 として高く評価されている、リッチで力強いワインです。 サン・ジュリアン村の村長も務めたメドックの伝説的人物 アンリ・マルタン氏が所有しており、 現在もその意思を受け継ぐ、息子ジャン・ルイ・トゥリオ氏率いる ドメーヌ・マルタンが運営しています。 長年、同じくドメーヌ・マルタンが所有するシャトー・グロリアの 人気に押されがちでしたが、2003年ヴィンテージ以降のサン・ピエールは、 パーカーポイントで90点台を連発し飛躍的に評価を上げています。 高評価のワインとして認知度が上がったため、日本でも人気が急上昇。 まさに ボルドーラヴァー垂涎の品 となりました。 2013年は、変わりやすく気まぐれな天候が記憶に残る年となりました。 冬と春の気温の低さによる開花の遅れ、暑く雨の少ない夏、 9月は湿気による灰色カビ病に悩まされたりと、生産者にとって困難の多い年でしたが、 収穫を一気に行い、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、 宝石のように磨かれたワイン を造り上げました。 特に苦境を生き抜いたカベルネ・ソーヴィ二ヨンはしっかりと熟し、 赤ワインに関しては、 赤系の鮮やかなアロマとフレッシュな酸が特徴の 早くから楽しめる味わい に仕上がっています。 艶のあるルビー色、鉛筆の芯やインク、トリュフなどを思わせるブーケに クレーム・ドカシスやブラックベリーのリッチなアロマ。 丸みのあるタンニンは果実味に良く溶け込んでおり 優しい味わいでありながらスケール感のある クラシックなボルドーのスタイルを体現しています。 高い評価を受け、人気上昇中のシャトー・サン・ピエール。 是非、この機会にご堪能ください。 飲み頃:〜2026年 評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)において88-90点を獲得 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 70%、メルロ 15%、カベルネ・フラン 11%、プティ・ヴェルド 4% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2013 シャトー サン ピエール サン ジュリアンフランス ボルドー 750ml 赤 限定SALE,新品 —— 6,500円

葡萄品種で選ぶ

2013 ジヴリ プルミエ クリュ ラ ブリュレ フランソワ ランプ フランス ブルゴーニュ ジヴリ 750ml 赤 激安大特価

2013 IVRY 1er CRU LA BRULEE / FRANCOIS LUMPP 「クラスマン」で常に一つ星を獲得する、 ジヴリで最も優秀な生産者フランソワ・ランプ。 果実味とミネラルのバランスが良い滑らかな味わい。 ジブリアペラシオンの名声を高めた名生産者、フランソワ・ランプ。 1991年からワイン造りを行い、現在では約6.5ヘクタールで、 無農薬・除草剤を使用しないのはもちろんのこと、化学肥料の使用も一切行わず、 ブドウとテロワールの個性を存分にいかした高品質のワインを造り出しています。 ジブリとは、 メルキュレイやリュリー、モンタニーなどと共に コート・シャロネーズ地区に位置するアペラシオン。 フランス王アンリ4世がブルゴーニュで一番気に入っていたワイン でもあります。 ジブリは コート・ドールと地質学上陸続きであり、 ピノ・ノワール種に最適な小石が混じった石灰質泥灰土壌。 地味ながら決してコートド・ニュイやコート・ド・ボーヌのワインに劣らぬ 高い品質のワインを生み出しています。 100%有機農法、無農薬にこだわってブドウを栽培しており 収穫は100%手摘み、ピノ・ノワールは完全除梗、人の手で櫂入れを行います。 そうして造られるワインは、一言でジヴリと言っても、 各プルミエ・クリュのテロワールの特徴をしっかりと反映し、 その個性を殺すことなく自然なままに表現したワイン。 テロワールの個性と、ジヴリらしい繊細でやわらかな果実味、 そして滋味に溢れた優しい味わいのワイン となります。 日本ではまだ有名ではありませんが、 権威あるフランスワインの評価誌 「クラスマン」では常に一つ星を獲得。 また、「ラ・レビューデュ・ヴァン・ド・フランス」や「ル・フィガロ」などでも、 ジヴリにおける最も優良な生産者として紹介されており、 コート・ド・シャロネーズ地区を代表する生産者として確固たる地位を築いています。 2013年は春に激しい雨が降り、日照時間が平均を下回りました。 その影響で気温が下がり、それは6月まで続きましたが、 7月にようやく強い日差しが戻ってきました。 例年より遅い開花を迎えましたが、9月には非常に良い酸度を保つ成熟した ブドウを収穫することが出来ました。 1級畑ラ・ブリュレは、 イキイキとした赤系果実のアロマと、 リッチなヴァニラのニュアンスが特徴。 豊かな果実味とミネラル分のバランスが良く、滑らかで優美な味わい です。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2013 ジヴリ プルミエ クリュ ラ ブリュレ フランソワ ランプ フランス ブルゴーニュ ジヴリ 750ml 赤 激安大特価 —— 3,900円

葡萄品種で選ぶ

2013 ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ デ アルジリエール パトリス リオン フランス ブルゴーニュ ニュイ サン ジョルジュ 750ml 赤 大人気,セール

2013 NUITS SAINT GEORGE 1er CRU CLOS DES ARGILIERES / PATRICE RION 天才醸造家が生み出す、透き通った泉のように美しいワイン。 樹齢50年の古樹から造られる深遠な造り。 果実味とミネラルが織りなす、フィネスに富んだ味わい。 徹底したこだわりを貫く、 ニュイ・サン・ジョルジュを代表する造り手 、パトリス・リオン。 パトリス・リオンは「ドメーヌ」と「ネゴシアン」の二つの顔を持つハイブリッドな造り手です。 「ドメーヌ」は自ら所有する畑でブドウの栽培からワインの醸造まで全てを一貫して行います。 それに対し、「ネゴシアン」は様々なタイプがありますが、 他の造り手の造ったブドウを買い取り、 そのブドウでワインを造る「ネゴシアン・エルバール」など、 基本的に他の造り手と提携し、ブドウやワインを買い取る形態を取ります。 その中で、パトリス・リオンは 「ネゴシアン・ヴィニフィカトール」 と名乗ります。 「ネゴシアン・ヴィニフィカトール」とは、自らの畑と同じ品質を確保するために、 契約農家に対してブドウの栽培の指導、収穫を行う日の 指示まで行い、厳格に管理されたブドウを買いつけ、 醸造を行う形態のネゴシアン のこと。 独自のワイン造りのスタイルを築いており、 他とは一線を画すクオリティのワインを生み出しています。 ワイン造りを手掛けるのは、ドメーヌ・ダニエル・リオンの長男として生まれたパトリス氏。 アンリ・ジャイエからの強い影響を受け、 オレゴンなどでもコンサルタントとして活躍するなど、天才的な醸造のセンスを有しています。 そして遂に、優良な畑を所有しながらも、最高峰の位置につけなかった当時のドメーヌを、 若くして ニュイ・サン・ジョルジュを代表する生産者 にまで一気に引き上げました。 そうした背景にはパトリス氏の熱心な研究心や徹底した選果など数々の工夫があります。 最新の栽培技術、醸造技術、熟成技術を絶えず研究 し、 ブショネによる劣化の心配のないスクリューキャップも早くから取り入れました。 また、 特に自社畑ではビオディナミの手法を実践しています。 剪定を例にすると、「葉」、「花」、「果物」、「根」、「何もない日」 に区切られたビオカレンダーに則り、 1週間で1ha、花の日と果物の日に剪定を行うなど、 とことんこだわった造りをしています。 そうして生まれるワインは驚くほどエレガントなスタイル。 しっかりと詰まったタンニンとエキス分を感じますが、 透き通った泉のように美しいワインが造られます。 こちらのニュイ・サン・ジョルジュの一級畑、クロ・デ・アルジリエールは パトリス・リオンの 自社畑のブドウを使ったドメーヌもの。 クロ・デ・アルジリエールの畑はモノポールのクロ・サン・マルクと同様、 ロマネ・コンティなどヴォーヌ・ロマネのグラン・クリュ密集地帯と 同年代に形成されたピンク色の石灰岩と同じ地質を有しています。 クロ・デ・アルジリエールから造られるワインは フィネスが感じられ、 エレガントで力強いタンニンが特徴的 で、丸みがあり、柔和で長い余韻があります。 2013年のブルゴーニュ地方は、例年に比べて気温が低く、 雨の多い気候で収穫量の少ない年となりましたが、 夏から天気が回復したおかげで種までよく熟し、 酸が綺麗でバランスの良い凝縮したブドウが結実。 全体的にテロワールの表現が豊かであり、 真のブルゴーニュ愛好家のためのヴィンテージと言えます。 ダークチェリー、葉つきのブラックベリーに、 ブルーベリーなどの小粒でエッジのある果実のアロマと 共に現われる、ジューシーな果実味が印象的。 豊富なミネラルとこれらの要素が折り重なりながら、綺麗な余韻を生み出します。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% 評価:ワインアドヴォケイト誌にて88-90点を獲得 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2013 ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ デ アルジリエール パトリス リオン フランス ブルゴーニュ ニュイ サン ジョルジュ 750ml 赤 大人気,セール —— 7,300円

葡萄品種で選ぶ

2014 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 赤 大得価,安い

2014 ECHO DE LYNCH BAGES / PAUILAC ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

2014 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 赤 大得価,安い —— 4,600円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2000年 フューグ ド ネナン ポムロル フランス ボルドー 750ml 100%新品,送料無料

2000 FUGUE de NENIN / SAINT EMILION ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。 シャトー・ネナンは、1847年からポムロルで続く歴史あるシャトー。ですが、ワインの評価が上がってきたのは1997年、かのサン・ジュリアンのスーパー・セカンド"シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ"を所有するデュロン家が買い取ってからのことです。 レオヴィル・ラス・カーズと言えば、「第1級に格上げされるべき」という呼び声も高い、メドック格付け第2級のシャトーでも特に評価の高い人気シャトー。 そのレオヴィル・ラス・カーズを所有するデュロン家は、ネナンを買い取るとすぐに、土地を再度耕し、ブドウの植え替えを行い、醸造施設には最新鋭の機械を取り入れ、ワイン造りを一新。また、老朽化していた地下のセラーを改装し、空調設備を取り入れるなどして、大規模なワイナリーの改革を行いました。そして同時に、著名なコンサルタント、ミシェル・ロラン氏にコンサルティングを依頼。 ロラン氏は、シャトー・ル・パンやシャトー・モンブスケ、そしてシャトー・モン・ペラなどを手掛け、スターワインにのし上げてきたボルドーワインのスペシャリストです。彼の手によって、それまでは「エレガントさに少し欠けた凡庸なワイン」と言われていたネナンは、すぐにポムロルのトップクオリティワインの一つとなりました。 また、ネナンの品質を高めたもう一つの要因と言えるのが、ポムロル最大規模かつ最上の畑。ポムロルでは、畑の面積が10ヘクタール未満の小さなシャトーが多い中、ネナンの所有する畑は約25ヘクタールという広大な面積を誇ります。その理由は、かつての優良シャトー、「シャトー・セルタン・ジロー」の畑を半分購入し、統合したため。 その残りの半分の畑は、ジャン・ピエール・ムエックス社が購入し、シャトー・オザンナとなっています。最も日当たりが良い丘の頂上に位置し、ぺトリュスやヴュー・シャトー・セルタンに隣接しているポムロル最高の立地の畑を手に入れ、 ネナンの造るワインの品質はさらに向上しました。 このように、ネナンは、レオヴィル・ラス・カーズを所有するデュロン家の伝統のワイン造りと、シャトー・セルタン・ジローから受け継いだポムロル最良の畑 によって、年々評価を上げているポムロル有数の優良シャトーです。 こちらのフューグ・ド・ネナンは、そのシャトー・ネナンのセカンドラベル。デュロン家がシャトーを買い取った1997年からリリースされています。主に粘土質の土壌で造られるファーストラベルに比べると砂が多い土壌で造られており、よりチャーミングなスタイルとなっています。"フューグ"というのはバロック音楽の"フーガ"の意味。 色合いは紫がかったルビー色。 ブラック・ベリーやブルーベリー、フランボワーズ、ストロベリーやプラムのアロマがあり、 ジューシーな果実味があり、親しみやすくなめらかなミディアムボディ。 淀みなく幾重にも重なるようなシルキーな味わいが魅力的 です。音楽が流れるように軽やかでスムースなスタイルのワインは、熟成によってよりまろやかになり、今がちょうど飲み頃。ポムロルらしいしなやかさと、セカンドラベルならではの親しみやすさがどちらも感じられるバランスの良い仕上がり です。 そして、2000年は、ボルドー全域が素晴らしい天候に恵まれ、どの品種のブドウも最高の出来となった素晴らしいヴィンテージ。ファーストラベルはパーカーポイント90点を獲得しており、パーカー氏が「ネナンにとって輝かしい成功だ」 と評価しました。 2000年というヴィンテージの恩恵を受け、トップ・キュヴェに引けを取らない品質となったフューグ・ド・ネナン。飲み頃を迎えた上質なポムロルのワインの味わいをぜひお楽しみください。

ワイン 赤ワイン 2000年 フューグ ド ネナン ポムロル フランス ボルドー 750ml 100%新品,送料無料 —— 6,900円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2008年 シャトー カルボニュー ルージュ ペサック レオニャン フランス ボルドー 750ml 低価,お得

2008 CH. CARBONNIEUX ROUGE / PESSAC-LEOGNAN クラシックなボルドースタイルが魅力。 しなやかでエレガントなシャトー・カルボニュー。 柔らかく軽やかなタンニンをもつエレガントな味わいが魅力の2008ヴィンテージ。 グラーヴ格付け クリュ・クラッセ ボルドー市街地からほど近くに位置しているシャトー・カルボニュー。 日本でも知名度が高く、 グラーヴ地区の中でも最も規模の大きなシャトー として、 また、 景観の美しいシャトー として知られています。 グラーヴには独自の厳格な格付けが存在し、 上質のカベルネ・ソーヴィニヨンが育つ地域だけが アペラシオンを名乗ることが出来ます。 約70の生産者のうち、特に優れている16シャトーだけが選ばれており、 赤・白共に格付けを果たしている数少ないシャトーが、シャトー・カルボニュー です。 シャトー・カルボニューは、13世紀からの長い歴史を持ちますが、 古くからエレガントでしなやかな白ワインを作り出すことで知られていました。 一時期、低迷していた時期もありましたが、 1956年にマルク·ペラン氏がシャトーを購入してからは、 高品質なワインを生み出すべく、改装に取り組みました。 現在では息子のアントニ・ペラン氏がワインづくりを監督しており、 新しい醸造設備を整え、白ワインだけでなく、 赤ワインの生産にも力を入れています。 2008年は非常に変わりやすい天候で、気温の低かった春以降、 再び日照不足が懸念されるなど、困難なヴィンテージと予想されていました。 しかし、9月の中旬から素晴らしい夏日に恵まれ、 収穫前としては非常に良い天候条件に。 結果的に糖度と香りがしっかりとした素晴らしい出来のブドウが実り、 比較的早いうちから楽しめる上、価格も手頃で、 非常にお買い得なヴィンテージ として人気を博すことになりました。 深みのあるガーネット色。 ブラックカラントやカシスなどの黒系果実のアロマに スモーキーなニュアンス。 口に含むと、熟した果実味にバランスのよいタンニンが感じられます。 スパイスなどの複雑な風味は余韻にまで感じられ、 総じてエレガントなスタイルの1本です。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 55%、メルロ 35%、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド 各5% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2008年 シャトー カルボニュー ルージュ ペサック レオニャン フランス ボルドー 750ml 低価,お得 —— 8,200円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2010年 エコー ド ランシュ バージュ ポイヤック フランス ボルドー 750ml 激安大特価,新品

2010 ECHO DE LYNCH BAGES / PAUILAC 人気スーパーセカンドとして名高い ランシュ・バージュのセカンドラベル! 前年に継ぐグレートヴィンテージ2010年が登場!! 2008年ヴィンテージからCH.ランシュ・バージュのセカンドラベルの名前が変わりました! 「シャトー・オーバージュ・アヴルー」改め、 「エコー・ド・ランシュ・バージュ」! 新しい「エコー」という名前はギリシャ神話に登場する 森のニンフ(妖精)の名前からつけられています。 他人の声を繰り返すことしかできず、一番手になれなかったエコー。 エコー・ド・ランシュ・バージュもファーストラベルではありませんが、 妖精のエコーのようにチャーミングでエレガント、 魅力あふれるワインに仕上がっています。 オーバージュ・アヴルーは覚えにくく、発音がし難かったため、 エコーに変更したと語るオーナーのカーズ氏。 また、 「エコー」は声の後に響くという意味で後に続くワインとして、 ランシュ・バージュよりソフトな造りを目指しているそうです。 近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発してい ます。 例えばその一人に ヒュー・ジョンソン氏 がいます。 彼は「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、 今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。 見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、 5つ星中4つ星を付けました! ファーストラベルとの違いは若樹のブドウを使用していることと、 メルロとカベルネ・フランの比率が若干高いこと以外変わりはありません。 しかもあまり知られていませんが、 ファーストの20〜30%の量しか生産されない貴重なワインです。 2010年ヴィンテージは、気温が高かったグレートヴィンテージの2009年に比べ、 気温は平年並みで適切な酸度を保ちながら、過熟することなくゆっくりと、そして完璧に熟しました。 そのため、 タニックでありながら上質でしなやか、美しい酸を持つ、 エレガントでクラシカルなスタイルのワイン が生まれた偉大な年となりました。 ワイン評論家のロバート・パーカー氏も 「2005年、2009年に並ぶ、生涯で最も素晴らしい3ヴィンテージの1つ」 と語っています。 カシス、ラズベリー、ブラックベリーの果実味がコアにしっかりと溜め込まれていて 骨格は柔和で、エレガントな印象を余韻に残す、エコー・ド・ランシュ・バージュ。 濃厚ながらやはり、ファーストのランシュ・バージュより オープンな味わいで早くから楽しめるような仕上がりです。 コストパフォーマンスにも、大変すぐれ、 ワインスペクテーターで91点の高得点を獲得したエコー・ド・ランシュ・バージュ。 歴史に残る良年2010年、是非この機会をお見逃しなく! 飲み頃:2014〜2023年 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン 評価:ワインスペクテーター誌にて91点を獲得! 【2010年のCH.ランシュ・バージュは、 ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて96点を獲得!】 【2010年のCH.ランシュ・バージュは、 ワインスペクテーター誌にて96点を獲得!】 ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2010年 エコー ド ランシュ バージュ ポイヤック フランス ボルドー 750ml 激安大特価,新品 —— 4,700円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2010年 ヴォルネイ サントノ マトロ フランス ブルゴーニュ ヴォルネイ 750ml 人気,定番

2010 VOLNAY SANTENOTS / MATROT ムルソーの名手が手掛ける、 リッチで力強く、デリケートな味わいのヴォルネイの一級畑。 樹齢30年以上のブドウから生まれるフィネスとまろやかな味わい。 ムルソーの世界的に有名な造り手と言えば、コント・ラフォンやコシュ・デュリ。 しかし、知る人ぞ知る、 フランス国内のレストラン関係者から 厚い信頼を寄せられているのは、このマトロなのです。 マトロのワインのほとんどはタイユヴァンをはじめとするフランスの老舗レストランや、 超有名レストランへ直行してしまうため、 日本で入手できる量はごく僅か に限られています。 ドメーヌの名でもあるジョセフ・マトロ氏ワイン造りを始め、 その息子、ピエール氏、そしてティエリー氏へと受け継がれてきました。 現在はティエリー氏、パスカル夫妻がワイン造りを行っています。 ムルソーにはグラン・クリュが存在しないので、 プルミエ・クリュがトップ となります。 その中でもマトロは、次に格付けの改編が行われたら、 グラン・クリュになるであろうと言われている シャルム、ペリエールという2つのプルミエ・クリュを所有。 まさに、ムルソーを知る上では欠かせない存在と言えます。 ワイン造りに対する態度は堅実そのもの。 テロワールの違いを素直に表現するために、畑での仕事に重点を置き、 化学肥料は極力使わず、収穫も全て手作業 で行っています。 また、 ヴィンテージによる個性を大切にするために、 毎年のブドウの出来により造り方を変えています。 新樽は「シャルドネ本来のアロマを隠してしまう」との考えのもと、極力使用せず、 サン・ロマンやサン・トーバンのプルミエクリュなど一部の銘柄に限り 10〜20%程度と非常に抑えているのも特徴の一つです。 そんなマトロが造る白ワインは、 濃密でクリームのような滑らかさと豊かな果実味が最大の魅力。 新樽の使用が抑えられていることもあり、全体に透明感があるのも特徴です。 ムルソーと言えば白ワインばかりが注目されがちですが、 赤系果実のアロマが豊かに香る、果実味が豊富で滑らかなタンニンが特徴の 親しみやすい赤ワインも多くてがけています。 「ヴォルネイ・サントノ」はヴォルネイのプルミエ・クリュ。 しかし、ヴォルネイ村で造られているわけではありません。 ヴォルネイ村とムルソー村は隣り合っており、 ムルソー村の最もヴォルネイ村に近い畑「サントノ」で造られた赤ワインは、 ムルソー村で生産されているにもかかわらず「ヴォルネイ・サントノ」として リリースされます。リッチで力強く、デリケートな味わいが特徴です。 ヴォルネイ・サントノは 平均樹齢32年のブドウ から造られています。 力強く、リッチな果実味の中に繊細で上品な酸が見え隠れします。 10年程度の熟成にも耐えられ、非常に複雑味のある仕上がりになっています。 時が経つにつれ、スパイシーな印象が強くなり、 ボーヌの赤ワインらしい、芯のあるじんわりとした力強さ、旨味を感じます。 豊潤な果実味と、強烈な酸とミネラルが組み合わさり、 洗練されたスタイルで、優秀なヴィンテージと評される2010年 2010年はブルゴーニュ全体の生産量が少なく、 また品質においては2009年を凌ぐとも言われているため、 今後入手困難になるとも言われているヴィンテージです。 濃厚なルビー色。バラやブラックチェリーのエレガントなアロマ。 カシス、土や草のニュアンスがあるミディアムボディ。 タンニンには丸みがあり、絶妙なバランスの仕上がり。 鴨肉や、羊など少しクセのある赤身のお肉と合わせると、 一層ワインの味わいが引き立ちます。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2010年 ヴォルネイ サントノ マトロ フランス ブルゴーニュ ヴォルネイ 750ml 人気,定番 —— 6,300円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2011年 アロース コルトン プルミエ クリュ レ フルニエール トロ ボー フランス ブルゴーニュ 750ml 2019,得価

2011 ALOXE CORTON 1er CRU LES FOURNIERES / TOLLOT BEAUT ショレイ村の名門ドメーヌ、トロ・ボー。 じわりと染みるわたる上品な美味しさ。 アロース・コルトンの1級畑“レ・フルニエール” ショレイ・レ・ボーヌに畑を持つトロ・ボー は、 この このショレイ村の名でトップ3 に入るほど偉大! 19世紀から続く由緒正しい家族経営のドメーヌです。 村長だったアレクサンドル・トロ氏がワイン造りを開始し、 夫人の名前のボー(beaut)からトロ・ボーと名づけました。 トロ・ボーはショレイ・レ・ボーヌの他にサヴィニー・レ・ボーヌ、 アロース・コルトン、そしてボーヌにも畑を所有し、総面積は24ヘクタール。 「私たちのワイン造りは心からその土地を愛し、ブドウの魅力を的確に伝えていくこと。 仕事の8割は畑で最高のブドウを育てることに尽きます」とナタリーさん。 トロ・ボーでは除草剤などの化学肥料は一切使用しないこと、 ブドウの品質確保と、味わいに凝縮感を出すために 若いうちに房を間引くこと(グリーン・ハーベスト) を徹底しています。 ピュアでナチュラル、そしてエレガンスを兼ね備えたスタイルを貫いています。 ピュアな果実味がすっと溶け込むようなワイン。 女性らしいきめ細やかで優しい造り で、エレガントなブルゴーニュ好きなら 気に入ること間違いなしのアイテムです。 トロ・ボーのプルミエ・クリュ(一級)は、 「華やかな派手さはないが、じわりとくる旨さがある」 とトロ・ボーの関係者にも人気だそう。 有名な「ペリエール」の向かいにある「フルニエール」は、村の住民も認める優れた畑です。 カシスやプラムなどの黒系果実味とスパイスが一緒に香ってくるような印象。 バニラやバラ、スミレ、すこし野性的なニュアンスも感じられます。 凝縮感があり、熟した黒系果実味の味わいとベルベットのとうなキメ細かい舌触り。 驚くほどしっかりとしたストラクチャーと長い余韻がお楽しみいただけます。 ぜひゆっくりと時間をかけお楽しみください。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2011年 アロース コルトン プルミエ クリュ レ フルニエール トロ ボー フランス ブルゴーニュ 750ml 2019,得価 —— 6,800円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2011年 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 安い,新品

2011 ECHO DE LYNCH BAGES / PAUILAC 人気スーパーセカンドとして名高いランシュ・バージュ。 格付け2級に匹敵するといわれる、実力派シャトーの 早くから楽しめる親しみやすい味わいのセカンドラベル。 2008年ヴィンテージから、ランシュ・バージュのセカンドラベルは、 「シャトー・オーバージュ・アヴルー」から、 「エコー・ド・ランシュ・バージュ」 と名称が変更、 デザインやコンセプトも一新されました。 新しい「エコー」という名前はギリシャ神話に登場する 森のニンフ(妖精)の名前からつけられています。 他人の声を繰り返すことしかできず、一番手になれなかったエコー。 エコー・ド・ランシュ・バージュもファーストラベルではありませんが、 妖精のエコーのようにチャーミングでエレガント、 魅力あふれるワインに仕上がっています。 オーバージュ・アヴルーは覚えにくく、発音がし難かったため、 エコーに変更したと語るオーナーのカーズ氏。 また、 「エコー」は声の後に響くという意味で後に続くワインとして、 ランシュ・バージュよりソフトな造りを目指しているそうです。 近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発してい ます。 例えばその一人に ヒュー・ジョンソン氏 がいます。 彼は「ランシュ・バージュは決まって人気の高いシャトーで、 今では常に花形のひとつに数えられる。強靭で芳醇。 見事に濃密でブラックベリーのフレーバーがある。」と大絶賛し、 5つ星中4つ星を付けました。 ファーストラベルとの違いは若樹のブドウを使用していることと、 メルロとカベルネ・フランの比率が若干高いこと以外変わりはありません。 しかもあまり知られていませんが、 ファーストの20〜30%の量しか生産されない貴重なワインです。 2011年ヴィンテージは、2010年に引き続き気温が高く、 またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 難しい天候であったため、 ボルドー全体で収穫量が少ない年となりました。 ブドウは小粒になったものの、非常によく熟し、 フレッシュさと適度な糖度を持った出来 となりました。 グレードヴィンテージの2009年や2010年と異なり、 難しい年だからこそ、 造り手の判断がワインの品質に大きく影響した年で 造られたワインは総じて「シャトーらしさ」が顕著に表れた仕上がり です。 エコー・ド・ランシュ・バージュの2011年のヴィンテージは 濃厚な紫色を誇り、芳醇なカシスに加え、 森林の中の土っぽく、インクのようなニュアンスが感じられます。 ファーストのランシュ・バージュより オープンな味わいで早くから楽しめるような仕上がりです。 コストパフォーマンスも大変すぐれたワインです。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2011年 エコー ド ランシュ バージュ フランス ボルドー ポイヤック 750ml 安い,新品 —— 4,200円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2011年 サヴィニー レ ボーヌ “レ ラヴィエール” トロ ボー フランス ブルゴーニュ 750ml 人気定番,SALE

2011 SAVIGNY-LES-BEAUNE 1ER CRU LES LAVIERES / TOLLOT-BEAUT ショレイ・レ・ボーヌの名門ドメーヌ、トロ・ボー。 ピュアでナチュラル、そしてエレガントな要素を兼ね揃える1本 ドメーヌ・トロ・ボーは、 ショレイ・レ・ボーヌに本拠地を置く 19世紀から続く、 由緒正しい家族経営のドメーヌ 。 ショレイ・レ・ボーヌだけでなく、サヴィニー・レ・ボーヌ、アロース・コルトン、 ボーヌにも畑がある大きなドメーヌです。 ショレイ村の村長だったアレクサンドル・トロ氏がワイン造りを開始。 現在のドメーヌの名前であるトロ・ボーは、夫人の名前ボー(beaut)からきています。 トロ・ボーが所有する畑の総面積は24ha。 そのうちグラン・クリュは僅か1.5ha、プルミエ・クリュは7ha弱で残りは村名とACブルゴーニュクラス。 グラン・クリュの生産は僅か3銘柄と決して多くはないものの、 村名クラスやACブルゴーニュのワインが秀逸で、非常にコスト・パフォーマンスが高い ことが、 ブルゴーニュラヴァーから高い人気を集め続けている所以でしょう。 「私たちのワイン造りは心からその土地を愛し、ブドウの魅力を的確に伝えていくこと。 仕事の8割は畑で最高のブドウを育てることに尽きます 」と語るのは、 オーナーファミリー5代目のナタリー女史。 除草剤などの化学肥料は一切使用せず 、 ブドウの品質確保や、味わいに凝縮感を出すため グリーン・ハーベスト(若いうちに房を間引くこと) を徹底。 ピュアでナチュラル、そしてエレガンスを兼ね備えたスタイル のワインを造り出しています。 また、 骨格がしっかりとした造りで、 長期熟成へ耐え得るポテンシャルの高さ も特徴の1つ。 ぽってりと重量感のあるシルエットのボトルは、ラベルを貼りやすくする為だけでなく、 熟成させることを前提として造られており、コルクとの密着性を高めるため、 首の部分はキュッと細くなっています。 サヴィニー・レ・ボーヌは「ボーヌの傍ら」という意味を持ち、 質の高いワインが生産される村ですが、 ヴォーヌ・ロマネやジュヴレ・シャンベルタンのようなグラン・クリュ(特級)が無いため、 どことなく地味な存在です。 しかし、ブルゴーニュワインラヴァーが目をつけるのは、こういうワイン。 サヴィニ・レ・ボーヌの一級畑"レ・ラヴィエール"は、ペルナン・ヴェルジュレス側にあり 平たく大きな石(ラヴ)がごろごろしている土壌。 余韻が長くアロマティックなワイン が造り出されています。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2011年 サヴィニー レ ボーヌ “レ ラヴィエール” トロ ボー フランス ブルゴーニュ 750ml 人気定番,SALE —— 4,800円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2011年 シャトー ド ペズ サン テステフ フランス ボルドー 750ml 低価,お買い得

2011 CH. DE PEZ / SAINT-ESTEPHE 15世紀に設立された サン・テステフ最古のシャトー として、 また、 秀逸なクリュ・ブルジョワとして、高い評価を得ている シャトー・ド・ペズ 。 サン・テステフの町のちょうど西に位置し、 大きな双子の塔が目印のシャトーです。 以前は、強固でがっしりとした味わいが特徴のシャトーでしたが、 1995年にシャンパーニュ・メゾン、ルイ・ロデレールが買い取り、 丁寧なワインメイキングを実践してからは、より柔らかさとフィネスが加わり、 遂には デキャンタ誌で五つ星★★★★★を獲得 するまでになりました。 シャトー・ド・ペズのブドウ畑には、 メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンがそれぞれ45%ずつ、 残り10%にカベルネ・フランとプティ・ヴェルドが植えられています。 ルイ・ロデレール社長、フレデリック・ルゾー氏が 「品質を守るためであれば、量は減らしても構わない」 と語る通り、 収量を減らし、 品質重視のワインメイキング が行われています。 収穫は手摘み、木製の発酵槽で約25日間発酵、 オーク樽でのマロラティック発酵、14ヶ月間の樽熟成(新樽比率3分の1)、 清澄後、ノンフィルターで仕上げられます。 メルロの比率が比較的高いことによるスムースできめ細やかなタンニンと、 熟した果実味のボリュームが感じられます 。 滑らかに磨かれたテクスチュアが心地良いワインです。 2011年は過去2年のグレートヴィンテージと比べれば線の細いスタイル。 ブドウはしっかりと熟し、力強いタンニンがあるため、 醸造時にブドウを優しく扱い、タンニンを抽出しすぎないように造られました。 その結果、 新鮮でエレガント、長期熟成能力を備えたワインが 多く造られたヴィンテージ となりました。 濃い紫ががったルビー色の外観。 甘いカシス、プラムの華やかなアロマとジューシーな味わい。 中盤からは、朝露で濡れた森の中を歩いているようなニュアンスを感じ、 フィニッシュにかけて、スムースなタンニンとミネラルが全てをエレガントにまとめてくれます。 飲み頃:2012〜2022年 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 50%、メルロ 46%、プティ・ヴェルド 4% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2011年 シャトー ド ペズ サン テステフ フランス ボルドー 750ml 低価,お買い得 —— 5,600円

葡萄品種で選ぶ

ワイン 赤ワイン 2011年 シャンボール ミュジニー ルイ ボワイヨ フランス ブルゴーニュ シャンボール ミュジニー 750ml 全国無料,本物保証

2011 CHAMBOLLE MUSIGNY / LOUIS BOILLOT ブルゴーニュの歴史あるメゾン、ルイ・ボワイヨ。 オレンジの花のアロマ漂う、女性的でエレガントな赤ワイン。 ブルゴーニュで最も歴史あるメゾン、ボワイヨ家。 ヴォルネイのアンリ・ボワイヨやルシアン・ボワイヨなど、 現在ではブルゴーニュ全域で高品質なワイン造りを行っている名家です。 コート・ド・ボーヌで最も女性的でフィネスを備えたワインを 生み出すと言われるアペラシオン、ヴォルネイ。 ボワイヨ家の系譜を継ぎ、この地で4世代に渡り続くドメーヌが ルイ・ボワイヨ です。 現在ではヴォルネイを中心に3.5haの自社畑を所有しており、 その経験を生かして2009年よりネゴシアンとしても活躍しています。 ルイ・ボワイヨの魅力はなんといっても 高品質ながら価格が抑えられていること。 A.C.ブルゴーニュが3,000円台、 村名ワインならば10,000円以下中心という、 良心的な価格で楽しむことができます。 こちらは、ルイ・ボワイヨがネゴシアンとしてリリースするワイン。 シャンボール・ミュニジー村 は、石灰質の土壌が多く、標高が高いため、 仕上がるワインは、 村名格であってもしっかりとした骨格と厚みがあり、 エレガントな雰囲気と繊細な舌触りを備えています 。 2011年は、暑い春により開花時期が早まり、 夏に気温が上がらなかったため、2010年同様収穫量は例年より低めでした。 果実の糖度は上がりすぎず、酸も穏やかな、柔らかく親しみやすいヴィンテージとなりました。 2009年、2010年のビックヴィンテージに及ばないまでも、 結果としてエレガントで豊かな味わいに仕上がった、 多くの評論家が驚きを示したヴィンテージです。 ブラックラズベリーやイチゴのような赤・黒系果実の香りに、 オレンジの花やクミン、アニス、甘草のようなスパイスに ミネラルのニュアンスが漂います。 綺麗な果実味と適度な酸味があり、とても女性的でエレガントな印象。 余韻にまでオレンジの花を思わせるニュアンスが広がります。 ブドウ品種:ピノ・ノワール 100% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

ワイン 赤ワイン 2011年 シャンボール ミュジニー ルイ ボワイヨ フランス ブルゴーニュ シャンボール ミュジニー 750ml 全国無料,本物保証 —— 6,900円